ホーム > 生活習慣病

生活習慣病



糖尿病とは?

糖尿病とは?

糖尿病は国民病とまで言われるようになり、「糖尿病が強く疑われる人」や「糖尿病の可能性を否定できない人」は両者合わせて2210万人と推計されています。実に40歳以上の3人に1人が糖尿病かその疑いがあるのです。これほど多くの患者さんがいながら実は治療を受けている人は少ないのが実情です。
糖尿病は血糖値が高くなる病気です。血糖値が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され血糖値を低下させるのですが、糖尿病ではインスリン分泌が低下したり、働きが悪くなり血糖値が高くなってしまうのです。原因はさまざまですが、遺伝的要素に加えて、食べすぎや運動不足など生活習慣が原因で起こることが多いのです。
糖尿病を放置しておくといろいろな合併症が起こります。網膜症、腎症、神経障害などの3大合併症のほか脳梗塞、心筋梗塞などさまざまな病気の危険があります。糖尿病性網膜症による失明や腎不全による透析導入の原因の上位は糖尿病です。また、心筋梗塞、脳梗塞を起こす危険も糖尿病でなはない人に比べて数倍高くなるのです。糖尿病は初期には症状はありませんが放置していると合併症がじわじわと進行していくため早期発見早期治療が重要です。早めに受診し治療することによって合併症を予防し健康な生活をおくるようにしましょう。

 
糖尿病の症状

糖尿病の症状は自覚症状がない方が多く気付かない人も多いので定期的に診断を受けて下さい。

・のどが渇く          ・尿の量が増える      ・疲労感 
・倦怠感            ・痩せてくる          ・体重が減る
・食欲が異常に強くなる     ・むくみが出てくる     ・性欲が低下する
合併症の予防策・指導

糖尿病網膜症

眼底の血管に異変が起こります。症状がひどくなると失明します。
定期的に眼科の検査を受けて下さい。

糖尿病腎症

腎臓が働かなくなると透析をしないといけなくなるので、その前に糖尿病をしっかりコントロールする事が大切です。

尿病神経障害

全身の神経が障害され、足先のしびれの痛みより始まります。症状が悪化すると歩行困難になる場合もあります。
合併症の予防策・指導

専門医としては、本人の日常生活を理解した上で、食事や運動をはじめ気を付ける点をアドバイスしています。それで効果が出ないときはお薬をお渡ししているのですが、その際は合併症の予防が大切になってきます。眼科の定期検診やインスリン治療、内服治療、将来のことを考えた上で、一番合う治療法を考えるようにしています。同時に、食事運動療法及び、内服インスリン治療を継続していく事が重要であり、本人が興味を持ち、前向きになって続けられるように、ある程度知識を持っていただくための専門的指導をしていきます。

高血圧とは

高血圧とは

高血圧とは、心臓が血液を全身に送りだすときの圧力のことをいい、慢性的に正常値よりも血圧が高い状態をいいます。高血圧だと血管に常に負担がかかり結果、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなり、動脈硬化を起こしやすくなります。

 
高血圧の症状

高血圧の症状は自覚症状がない方が多く気付かない人も多いので定期的に診断を受けて下さい。

・頭が重い    ・動悸       ・耳鳴り     ・手足のしびれ   ・不眠
・肩こり      ・不安感     ・物忘れ     ・多尿

高脂血症

高脂血症

血液中のコレステロール、また中性脂肪が増加した状態のことをいいます。
中性脂肪、コレステロールはエネルギー源となるのですが、これを過剰に多くなると身体に障害をもたらします。

コレステロールは、ホルモンを活性化する材料になったり、細胞膜を作る、脂肪の吸収を助ける、といった働 きがあり、中性脂肪はエネルギー源として働きますが、過剰になるとからだに障害をもたらします。
糖尿病と同じく自覚症状がなく、動脈硬化などの症状で重篤な病気を引き起こすのが特徴です

 
高脂血症の原因

高脂血症と診断されてもほとんど自覚症状がない病気です。
放置しておくと危険な動脈硬化や腎臓病にも繋がります。診断されたらきっちり治療を行ってください。

・食べ過ぎ      ・お酒の飲み過ぎ        ・運動不足
・肉料理が多い   ・油、揚げ物をよく食べる   ・甘いものをよく食べる  

脳梗塞

脳梗塞

脳血管の閉塞により血流が遮断されるために脳組織が壊死(えし)に陥った状態をいいます。
脳梗塞の死亡率は約60%です。
定期的な検査を受けるようにして下さい。

 
脳梗塞の症状
・半身不随   ・半身麻痺   ・しびれ   ・感覚の低下  ・手足の運動障害
・意識障害   ・言語障害   ・昏睡    ・立ちくらみ

心筋梗塞

心筋梗塞

心臓に栄養や酸素を補給する役割を担っているのが「冠状動脈」という血管です。その心臓のまわりをとりまいている血管が詰まって、心臓の筋肉が一部死んでしまうことを心筋梗塞といいます。

 
心筋梗塞の症状
・胸が締め付けられる感覚   ・胸やけがひどい   ・鼻づまりのような感覚
・ゲップがよく出る         ・背中、肩が凝る 

がん

がん

早期発見、早期治療が非常に大事になります。
定期的な検査を必ず行ってください。

 
がんの症状
・胃の痛み     ・胃癌の痛み      ・吐き気
・背中の痛み   ・黒い便がでる     ・吐血
ご予約・お問い合わせは06-6634-0003