ホーム > 内視鏡検査

内視鏡検査



下記のような症状がある方は1度検査を受けて下さい。

・胃が痛い        ・胸やけ         ・げっぷ
・食欲不振        ・胃酸が逆流       ・胃もたれ
・みぞおちが痛い    ・キリキリする       ・吐き気
早期発見が最善の治療方法です。

内視鏡検査のこだわり

内視鏡検査のこだわり

当院には、いわゆる胃カメラは、極細径カメラを使用しております。
細いカメラは、患者さんへの負担が少なく、今までのカメラより非常に楽であり、また、スムーズに検査が行えます。また、熟練した内視鏡医にて行いますので、痛くなく、苦しくないように行います。
基本的には鼻から通すことはあっても、静脈麻酔で眠らせて行うことはしません。不整脈や一過性の健忘症、遅れて何か症状が出る場合もあるといったリスクが伴います。

安全に確実に素早く診ることが基本ですので、検査の事前説明をしっかり行います。検査後は、写真を見せながら時間がかかっても十分に説明し、治療の方向性を示してベストな提案をしますが、最終的に患者さんと相談して決めますので、理解してもらうように分かりやすくご説明させていただきます。

ぜひ、検査が必要な方、希望される方はお気軽にご相談下さい。

 

内視鏡検査の流れ

予約

予約 前もって受診をお願い致します。
他院からの紹介の場合は、カメラ検査日を決めさせていただき、検査当日に受診していただくことも可能です。
 

カメラの準備

カメラの準備 カメラ検査当日は、カメラ用の注射する事があり、物が二重にみえたりすることがありますので、自動車の運転は、なさらないで下さい。
【既往歴の確認】
 ・心疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈)
 ・緑内障
 ・高血圧
 ・前立腺肥大
 ・イレウスの既往
 ・糖尿病
などのある方は、必ず申し出て下さい。お薬アレルギーのある方も 申し出て下さい。
今まで 麻酔をうけて蕁麻疹や気分が悪くなった方は、必ず申し出て下さい。
ご希望がありましたら、鎮静剤を使用し、施行させていただきます。
 

麻酔

喉、鼻の麻酔をします。
ご希望がありましたら、鎮静剤を使用し、施行させていただきます。
 

検査

検査 ●検査については、受診申し込み時に
  ご説明させて頂きます(以下の内容です)

    食事(午前の検査のとき)
    前日は、最終22時くらいまでに食事は摂取してください。
    以後は、食べ物は摂取しないで下さい。
    水分、お水、お茶は、24時くらいまでは、OKです。
    内服薬
    詳しくは、医師にご相談下さい。

※血圧や不整脈やてんかんのお薬などは朝はやく、少量の水で6時くらいに飲んでください。
※血を固まらせないお薬、血行を良くするお薬などを内服されているときは、 数日前から中止する場合がありますので、必ず医師に申し出て、ご相談下さい。
※検査前には、入れ歯があれば はずして検査を行います。
※衣服は、ゆったりとしたものでお願いします。
 

検査終了後

検査終了後 病理組織検査を施行していなければ、1時間後に水分摂取や食事摂取可能です。
病理組織検査を施行します。2時間後に水分を取って、むせたり、吐いたりしなければ食事をして下さい。
うがいは、可能です。
タバコは、検査後は、やめてください。(2時間くらい)
病理組織検査は1週間、ヘリコバクターピロリ検査は2週間、検査結果は1週間ぐらいかかります。
 

ピロリ菌の除去

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、胃癌、リンパ腫などとヘリコバクターピロリ菌との関係が指摘されており、適宜ヘリコバクターピロリ菌の検査もあわせて施行させて頂いております。ただし、保険適用になる場合と保険適用にならない場合があります。
ピロリ菌の除菌について患者さんへご説明の上、除菌治療も行っております。
除菌治療後の効果判定につきましては、内服終了後 4週以上あけてから、カメラの検査ではなく、水分・食事ぬきにて30分弱で終了する検査(原則予約に て)にて行えます。(ただし、抗生剤や胃薬を内服されて方は、一定期間(4週間)あけてからでないと検査ができないことがあります。)

ご予約・お問い合わせは06-6634-0003